MENU

好条件で働けるドラッグストア薬剤師バイト

ドラッグストア,薬剤師,バイト

ドラッグストアでの薬剤師のバイトは、ほかの調剤薬局や病院でのバイトに比べると時給が高い傾向にあります。時給別にそれぞれ見てみると、ドラッグストアが2000円以上が基本で、調剤薬局は1900円前後が最低平均時給になり、病院の場合は1800円前後になります。

 

求人数の多さでは、調剤薬局が一番募集が多く、その次がOTC販売で、一番パートでの募集が少ないのが病院になります。病院では、正社員での薬剤師の求人を求めているためです。

 

ドラッグストアが時給では薬剤師のパート勤務場所では一番高いですが、差はそれほど大きくないです。地域にも影響されますが、数十円から100円程度の差があります。

 

OTC販売の薬剤師のバイトやパートの時給が高い理由としては、ほかの薬局や病院での勤務とは違い、薬剤師としての業務内容以外の雑務もこなす必要があるためです。

 

OTC販売では、来店したお客様に対して、薬の説明を行うほかにレジ打ちや商品陳列棚の整理整頓や管理、掃除も仕事内容になります。また、調剤薬局に比べると扱っている商品や薬剤の数が多いため、覚えることも増えます。
また、調剤薬局に比べると、売上を意識して働かないといけないため、ノルマへのプレッシャーもあります。そのため、ドラッグストアの勤務が一番ハードになるため、時給が少し高く設定されています。仕事内容の大半が雑務になることも多いため、退職する人も多く、定着率が一番低い傾向にあります。


ドラッグストア薬剤師バイトの仕事内容

ドラッグストアは薬剤師の職場として最近増加傾向に有ります。特に大手ドラッグストアチェーンでは薬剤師を積極的に採用している会社も多く、地域差は有りますが、正社員、アルバイト、パートなど募集数も多いのがドラッグストアです。

 

薬剤師バイトとして一番探しやすく採用枠が大きいのがドラッグストアだと思います。また家から近い職場も見つけやすいと言うメリットもあります。

 

では、ドラッグストアで働く薬剤師さんの仕事内容は
ドラッグストアは、薬剤、薬以外の商品の取り扱いも多く大手ドラッグストアチェーンでは、日用品や食品なども取り扱いしている店舗も多く雑用が多く薬剤師としての本来の仕事以外の雑用的な仕事は覚悟が必要な面もあります。また最近は処方箋も扱うドラッグストアも増えていますが、調剤室などがないドラッグストアでは薬剤師としてのスキルや経験を積むことが出来ない職場も有ります。

 

ドラッグストアと言ってもその業態も様々で、処方箋の取り扱いや店舗規模などによって仕事内容も変わってきます。給料、報酬面も仕事内容に比例する事はほとんどでドラッグストア薬剤師バイトも時給なども反映されます。

 

現状では、雑用などが多い店舗などでは高時給の求人が多く見受けられるのではないでしょうか?
ドラッグストア薬剤師バイトで働くのであれば、まずはいろいろな条件などの求人がある薬剤師求人サイトなどで紹介して頂くのが良いと思います。はじめてドラッグストアで働く薬剤師さんもあなたの希望する職場探しに役立つ情報を入手出来ると思います。
まずは、薬剤師バイト紹介に強い薬剤師求人サイトへ登録してコンサルトさんやスタッフに相談、自身の希望する働き方などをしっかり伝えて求人紹介して頂く事をおすすめします。

 

薬剤師バイト、パート紹介に強い薬剤師求人サイト

 

関連サイト