MENU

調剤薬局とドラッグストの薬剤師バイト

代表的な薬剤師バイトの仕事先と言うと、ドラッグストアや調剤薬局です。年々このようなところは増えており、さらに地方などの薬剤師が少ないところなどでは、薬剤師バイトの求人は非常に多くあります。

 

ドラッグストアでの仕事内容としては、主に販売、接客です。これ以外には、棚卸や品出しなどの仕事があり、ほとんど専門的な薬剤師としての仕事は行わないことも多くあります。

 

しかしながら、薬についてお客様から聞かれると、専門的な知識を活用して、いろいろなアドバイスをすることができることが薬剤師バイトのメリットです。また、ドラッグストアで調剤薬局を一緒に設けているようなところであれば、調剤の仕事も行うようになり、仕事内容は店舗の規模・内容によって違ってくると言えます。

 

調剤薬局で仕事をするのであれば、バイトの場合でも、処方、調剤、処方、カルテ管理やお薬手帳の入力など調剤全般の仕事に関わることが可能です。

 

調剤薬局もドラッグストアも薬剤師バイトの仕事は薬剤に関すること以外にも雑用が多くなってきています。特に大型店のドラッグストアでは商品陳列やレジ、商品管理などアルバイトやパートでも多くの仕事を任せられる事も少なくありません。
しかし時給、給料は、薬剤師バイト中でも高額求人が多い事や就業時間の自由度などは高く、主婦薬剤師、ママ薬剤師さんには働きやすい職場も多い様です。

 

今まで薬剤師は売り手市場でしたが、アルバイトやパート薬剤師の募集条件などで今まで働く事が出来なかった薬剤師さんの発掘などで人材不足も解消して来るのではないかと言われています。
条件面、給料面で優遇されている今は、薬剤師バイトを始めるチャンスかもしれないと思われる面もありますので興味のある方は、是非この機会に探して見てはいかがでしょうか?

 

 

これ以外には、DIとしての薬剤師バイトがあります。DIというのは薬剤管理の仕事であり、医薬品の情報を収集したり、評価したりするなど、問い合わせに対応する仕事を製薬会社の窓口において行うものです。この仕事も、薬剤師だけができる、ある程度スキルや知識を活用できるものと言えます。

ドラッグストアの薬剤師バイトは高時給?

調剤薬局とドラッグストアの薬剤師求人、薬剤師バイトを比べた場合、募集数は調剤薬局が断然多いですよね!希望者も調剤薬局が断然多いのですが、報酬、時給面ではドラッグストアの求人募集の方が高いようです。
仕事内容が、調剤薬局の薬剤師とドラッグストアの薬剤師とでは違うので時給や条件などで比べることはナッシングでしょうが、報酬だけで考えるのであればドラッグストアの仕事も魅了はありますよ!

 

最近は、調剤薬局もドラッグストア寄りになっている店舗も多く調剤業務、処方箋の作業だけの店舗は門前薬局に限られてきているのではないでしょうか?
ドラッグストアでも処方箋を扱う店舗も増加していることなどから、調剤薬局も扱う商品、医薬品に変化が見られる店舗も増えています。

 

しかし、ドラッグストアと名の付く店舗では、薬剤師さんの人材が集まらない店舗も多く、人材確保のために給料、時給を少し高めにしていることも少なくありません。
また、アルバイトや非常勤で働く場合にも時間の融通が利きやすいのがドラッグストアの店舗に多く働きやすい職場が増えています。
調剤薬局が悪いと言っているのではありませんよ!調剤薬局は、薬剤師求人募集も多く薬剤師の職場として魅力がありますが、薬剤師の職場としてあまり人気のないドラッグストアにも良いとことがあるということを伝えておきたいだけですのでご理解お願いします。

 

薬剤師バイト、パート紹介に強い薬剤師求人サイト

関連サイト