MENU

薬剤師バイトと薬剤師派遣の働き方

薬剤師として正規、正社員で働くこと以外の働き方として薬剤師バイト、パート、派遣としての働き方があります。
前者は、フルタイムで働くことになりますが、後者は、フルタイムで働くことなく、自分のライフワークに合わせた働き方が出来ます。

 

女性の多い薬剤師業界では、結婚や出産後の働き方としてパートタイムの働き方を選ぶ方が多くなりますよね!
パートタイムで働く際に、薬剤師バイト、パートでの採用と派遣薬剤師として派遣会社からの紹介から働く方法があります。
派遣薬剤師としての選択は、あまり考えていない方が多いと思いますが、パートタイムで薬剤師として働く場合、派遣紹介の方が、報酬、時給が高いケースが多いことをご存知でしょうか?

 

薬剤師バイトやパートで働くことをお考えで求人探しをされているのなら、同条件の派遣薬剤師も見てみてはいかがでしょうか?
派遣という選択はあまり考えていない方に特に派遣薬剤師の求人紹介や条件、時給などを見て欲しいと思います。同条件でも派遣薬剤師の方が時給面だけで考えれば魅力のあるケースが多いからです。

 

しかし、薬剤師派遣で働くには、規制もありますし、原則同じ職場で1年以上働くことが出来ないなどが決められています。同じ職場で長く働きたい方や仕事をしっかり覚えてスキルや経験を伸ばしたい方には、派遣薬剤師としての働き方は向いていないかもしれません。
しかし、アルバイトやパートで薬剤師として働いたとしても同じ職場で長く働けるかはわからないのが現状です。

 

同じような就業時間や働き方で働けるアルバイトと派遣としての働き方ですが、メリットとデメリットもありますね!
まず、薬剤師派遣としての働き方のメリットとして、派遣会社との雇用契約にある為、派遣会社の福利厚生が受けることが出来ます。アルバイトやパートで働いた場合、職場によっては福利厚生がしっかりしていない職場もありますが、派遣会社との雇用契約では、福利厚生に納得できる派遣会社を選ぶことが出来ます。
また、時給面でもアルバイト、パートよりも派遣紹介の方が高い求人紹介が可能です。求人探しの面でも派遣会社が条件に合う求人を紹介してくれます。

 

薬剤師派遣のデメリットとしては、先ほども書きましたが、同じ職場で基本、1年以上就業することが出来ない、派遣薬剤師で働くには規制も多く誰でも派遣で働くことが出来ない、就業する職場の業績が悪くなった場合、真っ先に派遣を打ち切られるなどが挙げられます。

 

薬剤師バイトと薬剤師派遣では、働き方や条件、就業時間などが同条件の求人紹介も多数あります。どちらで働くかは、一度、薬剤師求人サイトの中でも派遣紹介も可能なサイトで、詳細を聞くことをおすすめします。
信用できる薬剤師求人サイトのコンサルトさんに不安や疑問などを聞いてみることでネットなどで調べるよりも有力な情報が入手できます。
当サイトでも薬剤師バイト紹介も可能で薬剤師派遣紹介もしている薬剤師求人サイトを紹介していますので、是非紹介を自身でお聞きください。


関連サイト、関連情報