MENU

薬剤師バイトと薬剤師派遣の違いは

薬剤師,バイト,派,遣,違い

医療に関わる仕事として、薬剤師があります。
医師の処方した薬剤を患者それぞれのために調剤したり、服薬の指導をしたりするのが主な仕事となっています。
高齢化の時代においては患者が確実に薬剤を摂取するための窓口となるわけで、その担う役割は一層重くなってきています。

 

薬剤師の仕事にこれから就こうと思っているのなら、バイトで勤務するか派遣で勤務するかの違いについて十分に理解をしておくべきでしょう。
薬剤師のバイトの求人はとても多く、経験がたとえ浅くても人材不足ですからかなりの確率で採用されるはずです。

 

しかし派遣で勤務をする場合に比べてバイトは時給が低い場合がほとんどです。
というのも、派遣会社に登録して、そこから仕事先を紹介してもらうような形をとると、一定の能力以上でないと仕事の紹介を受けることができません。

 

一定の能力以上の人材が安定して紹介される仕組みですから、それにふさわしいだけ対価が時給として支払われることになります。
ただ時給が高くなる半面、一定期間の勤務が契約で定められているわけで、そのことを仕事が当面安定的にあると思うべきか、雇用が固定化してしまうと感じるかによって受け止め方は異なるでしょう。

 

いずれにしても、せっかく薬剤師として仕事をするわけですから、できれば高い時給で働きたいはずです。
バイトを選んでしまうと、時給が低くなりがちなだけに、もちろん仕事に対する経験も必要なことですが、より時給が高くなる働き方がないかどうかを探すようにする必要があるといえるでしょう。

 

薬剤師バイト、パート紹介に強い薬剤師求人サイト


薬剤師バイトと薬剤師派遣の待遇

薬剤師として非常勤、時間の融通が利く働き方を希望した場合、アルバイトやパートと派遣と言う選択がありますよね!薬剤師のアルバイトやパートは調剤薬局やドラッグストアでの募集が多くなっています。同じく派遣薬剤師の紹介も調剤薬局とドラッグストアが多いですね!

 

働く時間や休日など働き方は、派遣薬剤師もバイト薬剤師もほとんど変わらないですよね!条件面もほとんど変わりませんが、時給や報酬面では同じような条件も場合、派遣薬剤師の方が高いケースが多く有る様です。その為、派遣薬剤師を希望される方も最近増加傾向になっています。
しかし派遣での仕事紹介は、不安もありますよね!人材派遣の立場は、弱いケースがほとんどで職場でも立場的に微妙なケースもあります。また人材削減などの場合、真っ先に派遣社員から来ることがほとんどです。
薬剤師業界は、ほとんど人材不足ですので上記の様なケースはほとんどありませんが、派遣と言う働き方の不安は付きまといます。
派遣薬剤師の待遇は、決して悪いものでは有りません、どちらかと言うと待遇は良く、報酬面や福利厚生も恵まれてると言えます。
バイト薬剤師の待遇も良く働き方としては魅力があります。
派遣もアルバイトも薬剤師業界では、高待遇のケースが多く、派遣で働きにしてもアルバイトやパートで働くにしても希望する仕事、職場で働く事が重要ではないでしょうか?

 

薬剤師バイト募集は、薬剤師求人サイトなどで探せば多くの求人紹介が可能ですし、派遣薬剤師なら派遣会社の登録すれば希望に近い求人紹介が出来ると思います。

関連サイト