MENU

ドラッグストア薬剤師の仕事、待遇

ドラッグストア,薬剤師,仕事

どこの職場にも一人ぐらいは自分と性格の合わない人がいるものなので、それが原因で仕事に行くのが嫌になってしまう方は少なくありません。
面倒な残業を押しつけられたり、夜間の仕事ばかりを頼まれたり、人前で理不尽に怒鳴られたりすることが続くと、どうして自分ばかりがこんな目に遭うんだろうと思って、悲しい気持ちになってしまうでしょうね。

 

だからといってそう簡単に仕事を辞めると、次の就職先が見つからないと思って我慢している方もあるでしょうが、それが薬剤師のような、資格が必要な職業なら、そんなことはないので安心するようにしてください。

 

薬剤師は全国的に人手不足の状態なので、今の職場が辛いのであれば、早めに退職して、新しいところに移ることをおすすめします。
全国展開しているドラッグストアのチェーン店であれば、薬剤師への待遇も良いところが多いので、たとえ一日数時間のバイトであっても、高い給料を期待することが出来ます。

 

これまで一度でもドラッグストアで働いていた経験のある方なら、面接を受ければ、喜んで迎えてもらえるはずなので、薬剤師の求人情報サイトで募集が行われていたら、問い合わせるようにしましょう。

 

時間帯や休日など、こちらの都合に合わせて働ける職場が多いですし、福利厚生が整っているところが多いので、そんなドラッグストアを選べば、安心して働けます。
残業なし、夜勤なしといった職場もありますから、まずは求人情報サイトを訪問し、希望の条件に合うところを探してみてください。

 

薬剤師バイト、パート紹介に強い薬剤師求人サイト


ドラッグストアと調剤薬局の薬剤師バイトの時給

薬剤師バイトの時給は時給2000円前後の募集がおいですよね!地域差や業種の差はありますが、時給2000円前後が多く、仕事内容や職場などにより前後はありますね!

 

調剤薬局とドラッグストアの薬剤師の仕事はよく比べれらますが、仕事内容も違い事が多いので条件や給料面だけで比べることはできないですね!
ドラッグストアの薬剤師の仕事は、ほとんどの場合、調剤薬局よりも雑用的な物がが多くなります。そのため、薬剤師バイトの職場としては調剤薬局よりは不人気ではないでしょうか?

 

調剤薬局よりも人材確保が難しいことや仕事内容面などからドラッグストアの薬剤師バイト募集は時給が高めのケースが多く、時給2000円以上時給2500円くらいまでの募集は比較的多くあるようです。

 

ドラッグストアの時給は、大手ドラッグストアチェーンなどの出店が多い地域や薬剤師の人材確保が難しい地域では高くなる傾向があります。薬剤師確保のために時給も高くなる傾向はあるようです。
調剤薬局の薬剤師バイトよりも時給面、報酬面では有利な面はありますが、仕事内容が違いので条件面で有利かといえばそれは働く人の考え次第だと思います。
時給、報酬は、ドラッグストアの薬剤師バイトの方が、時給は高めの募集が多いようです。時給面だけで考えるのならドラッグストアの求人募集の方が探しやすいと思います。

ドラッグストアの薬剤師バイトの魅力と仕事内容

ドラッグストアの薬剤師バイトで働くにあたり、職場の魅力や仕事内容などを紹介しています。ドラッグストアの職場を大きく分けるなら、個人店とチェーン店、OTCのみの店舗と調剤施設の有る店舗です。

 

それぞれ、薬剤師としての仕事が異なりますが、基本的にはドラッグストアの店舗で扱う薬品の服用説明や症状による薬の服用などの他、ドラッグストアで扱う商品の品出しや商品管理、その他にもレジなども兼務することになります。
OTCのみの店舗なら以上の仕事が基本ですが、調剤施設が有る店舗では調査業務がプラスされます。

 

また、ドラッグストアは店舗の大きさや扱う商品にもよりますが、雑用なども多く、薬剤師しては、この雑用などが多いことで避ける方も多いと聞きます。
しかし、ドラッグストアの薬剤師バイトは、時給もそこそこ高い求人も多く、報酬給料面では魅力が有ります。大手のドラッグストアチェーンではアルバイトも昇給や賞与なども期待できます。

 

ドラッグストアの薬剤師バイトの魅力や仕事内容はと言えば、店舗によっても異なると思いますが、総合的には、時給面でも魅力が有りますし、アルバイトなら就業時間の融通が利きやすい職場が多く、薬剤師バイトとしては働きやすいと思います、ドラッグストアの仕事内容に納得できるのであれば、薬局や調剤薬局などの薬剤師バイトよりも魅力が有る面もありますよ!

 

ドラッグストアで働く場合、チェーン店か個人店か

ドラッグストアに限らず、薬局も最近は、チェーン店が増加しています。全国大手のチェーン店から地域のチェーン店まで有りますが、実際、薬剤師として働く場合、どの形態の店舗が良いのでしょうか?
一概には言えませんが、最近の傾向としては、個人店よりもチェーン店の方が安心して働けると言えるのではないでしょうか?また、アルバイトやパートなどの場合は特に、大手チェーン店の方が福利厚生などもしっかりしていると言えます。
また、チェーン店の場合、もし勤め始めた店舗の経営不振で店舗の閉鎖などの場合でも他の店舗への就業が出ることがほとんどです。ドラッグストアや薬局などもチェーン店の増加に伴い個人店の経営事業は思わしくないと言えるので、チェーン店か個人店のどちらがいいのか悩まれているのなら、経営状態などを加味して選ぶことも重要だと思います。

関連サイト、関連情報