MENU

メリット、デメリットで見る薬剤師バイトの働き方

薬剤師バイトで働くメリットとデメリット

 

どのような働き方でも良い面、悪い面はあると言えます。メリットとデメリットですね!

 

薬剤師の求人情報サイトなどではメリットは多く紹介されていますがデメリットはあまり多く紹介されていないですね!

 

確かに、薬剤師バイトで働くメリットは多くありますが、逆にデメリットもあると言えます。

 

非常勤で働くことを希望する薬剤師さんは増加傾向にあります。その為、非常勤の薬剤師求人も増加、薬剤師バイトや薬剤師パート、派遣薬剤師の求人募集は多くなっています。

 

時間的にフルタイムで働くことが難しい結婚、出産後、子育て中のママ薬剤師さんなどの働き方としての薬剤師バイトの紹介でのメリットとデメリットを理解した上での求人探す、職場探しが出来れば、希望に合う条件での就業、失敗しない薬剤師転職活動に役立つと思いますので、

 

まずは、薬剤師バイトのメリットとデメリットを理解した上での求人探しが重要だと言えます。

 

薬剤師バイトのメリット

薬剤師バイトで働くメリットとしては、時間的な融通ですね!フルタイム、正社員では生活の中心が仕事になると言えますが、薬剤師バイトやパートの場合、生活の中心を仕事ではなく、私生活に置くことも可能です。
私生活、ライフワークに合わせた働き方が出来るのが薬剤師バイトの働き方ではないでしょうか?これが最大のメリットだと言えます。
女性の多い薬剤師業界では結婚、出産、子育て中の働き方、働ける職場は重要で、その働き方の1つが薬剤師バイトだと言えます。
シフトなどの融通が利きやすい職場なら薬剤師バイトで働くメリットは大きいと言えます。
薬剤師バイトの最大のメリットとしては、ライフワークに合わせた時間で働けることではないでしょうか?
次に、薬剤師バイトは時給も高く、時給2000円前後の求人から時給2500円くらいの募集が多く、条件次第では高時給で働くことも可能です。
また、非常勤では気になる福利厚生なども条件さえ満たせば加入が可能です。
非常勤の薬剤師求人の増加で条件などの選択網が多くなっていることなども薬剤師バイトのメリットだと言えます。

時間の融通が利く働き方ライフワークに合わせた働き方
ブランクを少なくして将来的の復職、再就職に役立つ
高時給の求人も多く、少ない時間でも報酬が得れれる
福利厚生や保証などもじゅうじつしている職場も多い

 

薬剤師バイトのデメリット

薬剤師バイトで働くデメリットとしては、薬剤師としては中途半端な給料になりやすく、扶養内で働くことも難しいため、税金面で不利になることが多いと言えます。
時間的にあまり働けない方は、扶養から外れることで夫の税金負担、自分の税金負担が多くなると言えます。
また、薬剤師バイトとしての職場での扱われ方が正社員で働いている時とは異なるケースも少なくなく、雑用などが多くなることもあります。
また、昇給などもほとんどないので同じ職場では長く働いても報酬面での不満も出てくることもあります。
賞与も職場によっえては出ることもありますが、基本、アルバイトですので賞与の支給はないと言えます。
薬剤師バイトで働く方の中にはやりがいを感じられないという方もいるのでそのあたりもデメリットになるかもしれません。
時間の融通が利く働き方として子育て中などの薬剤師の働き方としては薬剤師バイトやパートの働き方を選ぶ必要がある方も多いと思いますが、あなたにとってデメリットになることもあります。

扶養内での就業が難しく税金面の負担が多くなる
職場での扱われ方、責任のある仕事を任せられないことも
やりがいのある仕事、働き方が出来ない
安定、安心などの面ではデメリットが大きい

 

薬剤師バイトのメリットとデメリットをまとめてみましたが、結婚、出産後に仕事を辞めてブランクが長くなると医療業界の職種は、復職することが難しくなると言えます。
薬剤師のブランク明けの再就職も難しいと言われているのなら薬剤師バイトなどでブランクを少なくすることも将来的にはメリットになることも多いと言えます。
薬剤師バイトとして働きやすい職場も多く、子育てなどに理解のある職場なども多いので、薬剤師バイトのデメリットなども理解して希望の条件で働いてみるのも良いのではないでしょうか?

関連サイト