MENU

扶養内で働く事が出来る薬剤師バイト

扶養内,薬剤バイト,パート

世の中で働いていく方法には正規雇用の常勤で働く他にも選択肢があります。バイトをしたり、派遣社員となったりして仕事をすることにより、フルタイム勤務に比べて時間に自由を持つことができるというメリットがあります。

 

特に夫や妻が常勤勤務をしていて安定収入があり、それにプラスして収入を得たいというようなときには家事の合間に少しずつ働くというのは家計を支える上で良い方法です。

 

薬剤師免許を持っているとそういった求人募集が豊富にあるので時間的にも柔軟性高くバイトをしていくことができます。時給単価も高いことから稼ぐのも容易であり、年収で100万円程度を超えることもそれほど容易ではありません。

 

しかし、働きすぎて家庭を大事にせず仕事に熱中してしまうと家庭のあり方が問題になってしまうことも否定はできません。そういった状況や扶養家族となっているメリットも生かすために、扶養内で稼ぐというのは頭の良い方法です。

 

薬剤師として働くと時給が良いことから年収で103万円という枠のぎりぎりまで稼いでいくのにそれほど大きな負担をせずに家事と両立していくことが可能です。

 

扶養内という考え方では130万円未満に抑えるということもよい方法であり、その枠内に抑えることで国民年金や国民健康保険の負担をなくしてわずかな所得税や住民税を支払うだけで済みます。そういった上限額ぎりぎりまでであっても比較的時間に余裕をもって働くことができるのが薬剤師のメリットなのです。

 

薬剤師バイト、パート紹介に強い薬剤師求人サイト


扶養内で働く為の年収

薬剤師バイト、パートの求人を探す場合には、注意する必要があることがあります。どの程度の頻度で、どの程度の時給で薬剤師パートの仕事をするかということを考えておかないと、仕事をせっかくしても損する可能性があります。

 

専業主婦の場合には、配偶者特別控除、配偶者控除を受けることができます。パート薬剤師の仕事をしながら配偶者控除を受ける場合には、103万円以下の年収に抑える必要があります。103万円の年収をオーバーすると配偶者控除を受けることができなくなり、配偶者特別控除については、段階的に141万まで受けることが可能です。

 

さらに、注意しなければならないのは、社会保険料、住民税を支払う必要があるかどうかです。年収が100万円をオーバーすると、10%の住民税が年収に対してかかってくるようになります。130万円をオーバーすると社会保険に関しても扶養の対象にはならず、国民健康保険に自分自身で入って、社会保険料を毎月支払うことが必要になってきます。

 

このようなことから、150万円の年収になったとしても、社会保険料、住民税を支払えば実質的には130万円以下の年収の場合と違わないというようになって、考え方によっては仕事をしても損することになるとも言えます。

薬剤師として扶養内、扶養内で働くボーダーラインは

薬剤師として扶養内で働くことは意外に難しく、週に10時間程度で時給2000円で働いたとして、

 

週に20000円の収入、月4週として80000円

 

これに12カ月かけて960000円です。

 

これなら扶養内での就業が可能ですが、少しでも時給や就業時間が長くなることで、103万円を超えることになる言えます。

 

また、月に10時間で働ける薬剤師バイトやパートも募集も少なく、薬剤師として扶養内で働くのは大変だと言えます。

 

 

では、薬剤師として扶養内で働く際の手取りと扶養外になった際の収入、手取りが多くなる分岐点の年収は幾らでしょうか?

 

普通の一般家庭では、年収160万円以上なら扶養外で働くことで得られる報酬は多くなると言えます。

 

逆に言えば、年収150万円程度なら年収130万円や103万円で抑える方が手取りが多くなることもあります。

 

就業時間を長くしてまで働いた結果、少ない時間で働く扶養内の収入よりも手取りが安くなることは嫌ですよね!

 

 

ですので、結婚後に薬剤師として働く際にアルバイトやパートでは扶養内で軽く働くのか、扶養を無視してがっつり働くかによって

 

働き方も違ってくると思いますし、どれくらい働けば扶養から離れても収入面や保険面、税率などが特になるのかをしっかり調べてから薬剤師バイトやパートの仕事探しをすることも重要です。

関連サイト